Line@

格安SIMでもLINE@/ラインアットの年齢認証を突破する裏技はコレ!

格安SIMでもLINE@/ラインアットの年齢認証を突破する裏技

かおり
かおり
みなさま、LINE@って使っていますか?

LINE@(ラインアット)はLINEとは違うアプリです。

メール配信システムのように、複数のお客様あてに一斉に案内を送ったり、コミュニケーションを取れて、ビジネスに活用できるツール。無料で始められて、気軽に登録ができるのでいろんなお店で利用されていますね♡

ところがね・・・私も、LINE@始めてみよう!と思ったら、一部の機能を使うための「年齢認証」ができない!っていう壁でつまづきました。

原因は、格安SIMの携帯を使っているせい。

格安SIMでも何とか、LINE@の年齢認証をクリアできないか??と、悩んでいろいろ試したところ・・・最終的にできました!

私と同じような状況でお困りの方に向けて、格安SIMでもLINE@の年齢認証を突破する方法」をシェアします♪

※2019年4月18日からはサービス統合でLINE@→「LINE公式アカウント」に変わります

あわせて読みたい
LINE@(ラインアット)・LINE公式アカウント統合後の料金・機能・配信数は?
LINE@(ラインアット)がLINE公式アカウントに統合!移行後の料金・機能・配信数は?【2019年4月追記】2019年4月「LINE@」と「LINE公式アカウント」が統合!サービス移行のスケジュールは?料金プランや機能はどうなるの?LINE公式アカウントとLINE@サービス統合後の気になるポイントをまとめました!...
スポンサーリンク

LINE@で1:1トークを利用するには携帯キャリアの年齢認証(年齢確認)が必須

お使いのスマホが格安SIMでも、LINE@に登録して使うことは可能。登録してくれた人みんなに、一斉メッセージを送ることができます。

ただ、一斉メッセージではなく、個別にメッセージのやりとりするためには、LINE@機能の中の「1:1トークモード」をONにしなくちゃいけず、そのためLINE@での「年齢認証」が必要なんです!

1:1トークは、LINE@でお客様と個別のメッセージをやりとり出来る機能

LINE@の1:1トークとは

  • 友達登録してくれた相手と、1対1でメッセージのやりとりが出来る。
  • 1:1トークのやりとりは、他の人からは見えない
  • 1:1トークモードをONにするには、年齢認証が必要
1:1トークは、LINE@でお客様と個別のメッセージをやりとり出来る機能「1:1トークモード」こんな感じです

これが使えると、お客様からの予約受付や質問・相談・連絡の受付がLINE@で出来て、ふつうのラインのように個別返信もできます。

お店やサロン、お教室運営で使うなら、1:1トークは必須の機能ではないでしょうか?

LINEの年齢認証に対応している携帯キャリアは限られる

で、お伝えした通り「1:1トークモード」をONにして使うために、「年齢認証」が必要なんですが、「年齢認証」に対応している携帯会社は限られています。

LINE@の年齢認証ができる携帯会社

  • Docomo
  • Softbank
  • au
  • LINEモバイル
  • Y!mobile

※2019年4月現在

はい、この5つだけ。
ほとんどの格安SIM(MVNO)でダメじゃん!

なんでほとんどの格安SIMでLINE年齢認証ができないかというと、LINEが運営しているLINEモバイルを有利にして、利用者を増やしたい♡という素直な思惑があるのでしょう・・・Y!mobileはSoftbank系列なのでOKみたいです。

かおり
かおり
私は楽天モバイル愛用者なんじゃい!ムキー!
はらたつのり!

楽天モバイルなど格安SIMでも年齢認証を突破する方法

でも大丈夫。あなたが楽天モバイルユーザーでも、UQでも、DMMモバイルでも、mineoでも、どこの格安SIMユーザーでも「年齢認証」を突破する方法が2つあります!

その方法とは

  • 携帯3大キャリアを契約している人に協力してもらう
  • LINEモバイルかY!mobileに乗り換える

この2つの方法、詳しくお伝えします!

【裏技】Docomo、au、Softbankを使っている人に年齢認証だけを代行してもらう

楽天モバイルユーザーの私も、このやり方で年齢認証をクリアできました。

格安SIMユーザーでも「年齢認証」を突破する!

●必要なもの

Docomo、au、Softbankのどれかを契約している協力者(家族、知人友人)とそのスマホ(LINEモバイルとY!mobile契約者でも大丈夫そうですが未確認)

●作業の流れ
・自分のスマホでLINE@アカウント開設
・協力者のLINEをメンバーに追加する
・協力者のスマホにLINE@をインストール
・協力者のスマホで1:1トークモードをON
・代わりに「年齢認証」をしてもらう
・協力者アカウントをメンバーから外す

手順を解説します!

①自分のスマホでLINE@アカウント開設

まずは、自分のスマホでLINE@アプリをダウンロードして、LINE@アカウントを開設してください。

ダウンロードしたLINE@アプリを開いて、ログイン。個人の「LINE」のメールアドレスとパスワードでログインできます。

①LINE@アカウントを開設LINE@アカウントを開設

ログインできたら、プロフィール名や業種を登録して、LINE@アカウント(一般アカウント)を作ります。

②協力者のLINEをメンバーに追加する

管理ページ「メンバー・アカウント管理」→「メンバー」から、協力者のLINEアカウントを管理メンバーに追加(協力者がもしLINEアカウントを持っていない場合は、LINEに登録してもらう必要があります)

するとアカウント管理メンバーが、1人(自分)から2人(自分+協力者)に増えます。

協力者のLINEアカウントをメンバーに追加するメンバー・アカウント管理から
協力者のLINEアカウントをメンバーに追加する
協力者のLINEアカウントをメンバーに追加する協力者のLINEアカウントをメンバーに追加する

③協力者のスマホを借りる(遠隔の場合は以下の手順をやってもらう)

この後は管理メンバーに追加した協力者のスマホを借りるか、近くにいないなどの場合は、以下の手順を代行してもらいます。

かおり
かおり
今回は東京に住んでる弟にお願いしました!ありがとうマイブラザー!心の友よ〜!

④協力者のスマホにLINE@をインストール

協力者側でもLINE@アプリが必要になるので、スマホにインストールしてもらいます。

⑤協力者のスマホで1:1トークモードをON→携帯会社の管理画面から「年齢認証」をしてもらう

インストールしたLINE@アプリを開いてもらい、管理ページの「応答モード」→「1:1トークモード」をONに。「年齢認証が必要です」というメッセージが出ますので、

携帯会社の管理画面に入ってもらい、年齢認証手続きをしてもらいましょう。

1:1トークモードをON→携帯会社の管理画面から「年齢認証」をしてもらう応答モードから
1:1トークモードをON→携帯会社の管理画面から「年齢認証」をしてもらう1:1トークモードをON
1:1トークモードをON→携帯会社の管理画面から「年齢認証」をしてもらう携帯会社の管理画面から「年齢認証」をしてもらう

⑥ONになったら、協力者アカウントはメンバーから外してOK

年齢認証が完了し、1:1トークモードがONになったら、協力者のアカウントは管理メンバーから外しても大丈夫です。外すと管理メンバーは自分(1人)だけに戻ります。

これで、LINE@で個別のメッセージのやりとりができるようになりました!

注意:機種変更したら、また年齢認証が必要!

注意して欲しいポイントがあります!

こんな時は再度、年齢認証が必要

  • 機種変更
  • LINE@アカウントを追加

機種変更するとLINE@の設定が引き継がれず、また年齢認証が必要です。

LINE@は1人で複数のアカウントを持つことができるのですが(例えばお店用、リピーターさん専用、イベント用、みたいな感じて使い分けたり)アカウントごとに年齢認証の手順が必要になってきます。

LINEモバイル・ワイモバイルに乗り換えるという手も

LINEモバイル出典元:https://mobile.line.me/

かおり
かおり
いっそのこと乗り換えちゃうのもありかも。安いし。

機種変更したら・・・とか「わずらわしいなあ!」という人や「携帯代もうちょっと安くしたいな?」という人は、この機会にLINEモバイルかY!mobileで格安SIMを契約しちゃっても、いいかもしれないですね!

参考までに、LINEモバイルとY!mobileの料金とサービスの特徴を比較しました。

LINEモバイルY!mobile
データSIMの料金月額500円(1GB)〜月額980円(1GB)〜
音声通話SIMの料金月額1200円(1GB)〜月額2980円(1GB)〜※各種割引あり
特徴・SNS使い放題のプランあり
・ポイントプレゼントなどキャンペーンあり
・実店舗が全国にある
・国内通話無料(1回10分以内)
・家族割や学割など割引プランが豊富
・ヤフー系の特典やサービスが充実

LINEモバイルは月500円〜でとにかく安い(キャンペーンでさらに安く300円になってます^^)。Twitter、Instagram、FacebookなどのSNS使い放題のプランや、LINEミュージックで音楽が聴けるプランもあるので、使い方に合わせて選ぶといいと思います。

Y!mobileは、LINEモバイルと比べてしまうと料金がお高いけど、家族割や学割を駆使すると少し安くなります。

あとY!mobileは実店舗が全国にあり、困った時は直接相談に行ける!というのが強み。スマホの操作、不安だわ!という人には頼もしいですね。

スマホで手軽に情報発信!LINE@を活用しよう

格安SIMでもLINE@の年齢認証を突破して、1:1トークを利用する方法をお伝えしました♪

LINE@は登録してくれたお客様全員に一斉配信もできますし、1:1トーク機能があれば、サロンやお教室の予約受付、質問や相談も、スマホでカンタンにお客様とやりとりができておすすめです!

かおり
かおり
スマホでピピッと、手軽にお客様に情報をお届けできるツール「LINE@」、ぜひビジネスに上手に使ってみてください♡
あわせて読みたい
LINE@(ラインアット)・LINE公式アカウント統合後の料金・機能・配信数は?
LINE@(ラインアット)がLINE公式アカウントに統合!移行後の料金・機能・配信数は?【2019年4月追記】2019年4月「LINE@」と「LINE公式アカウント」が統合!サービス移行のスケジュールは?料金プランや機能はどうなるの?LINE公式アカウントとLINE@サービス統合後の気になるポイントをまとめました!...
あわせて読みたい
二段階認証でFacebook乗っ取り防止。おすすめセキュリティ設定5つ村上かおりです^^ Facebookでつながっているお友達から 「今、忙しい?」 ってとつぜんメッセンジャーで 連絡...

セミナーなど最新情報はLINEでお届けしています

スポンサーリンク